広告戦略の策定

様々な広告の中から
商品サービスを顧客に届けるために
広告の戦略を提案します


こんなお悩み解決します!

  • チラシ広告を続けてきたけど反響が減ってきている
  • 自社の商品サービスにはどの広告がぴったりなのかわからない
  • 見込み客に届く広告を知りたい

あなたの商品サービスをお客様に届ける広告に必要なことは、

  1. ターゲット顧客が見ている媒体を選ぶ
  2. 顧客の感情に訴えかける広告にする

の2点です。

ターゲット顧客が見ている媒体を選ぶ

新聞折り込みだけしていたら反響が出てきた時代はとうの昔に終わり、インターネット、特にスマホが出てきてから広告の出し方は一気に変化しました。

新聞テレビ雑誌フリーペーパーというマス広告から、SNSやGoogleのターゲティング広告まで、広告の種類は多様になっています。

あなたの商品サービスを利用している顧客の属性から生活スタイルや行動パターンを予測することでリーチできる広告が見えてきます。

見られない広告にいくら予算をかけても損失でしかありません。投資対効果が高い広告を探すところから始めます。」

顧客の感情に訴えかける広告にする

人は売り込まれる広告には、目もくれず、興味を持たず、欲しがらず、記憶しません。購買フレームワークのAIDMAにありますね。

また、人は広告を、読まない、信じない、行動しないとも言われます。

私たちは、『人は感情に基づき行動し、論理で正当化する』を理解した上で広告を作らねばなりません。人を動かすには論理的な正論だけではいけない、ということです。

人の感情を揺さぶり、購入に至る広告を策定します。

ご相談・問合わせ

CONTACT

ホームページではすべてお伝えできていない部分もございますので、もっと詳しく知りたい方は、お電話または問い合わせフォームよりご相談ください

0956-76-7603

平日:10:00〜17:00