ホームページで集客したい企業が取り組む4つのこと

こんにちは、中小企業の集客パートナー藤村です。

ホームページは作って終わりじゃなく、せっかく費用と時間かけて作ったのなら集客したいですよね。

今回は、ホームページで集客することについて、したい企業が取り組んでいくゴール設計から集客までを順を追って説明していきます。

ホームページで集客するためにすべきこと

ホームページにおける集客とは

ホームページでの集客とは、ホームページを経由してお問い合わせや申し込み、登録や資料のダウンロードなど、商品サービスに興味を持った“見込み客のリスト”が取れることを指します。

そんな集客のためにはSNSとか広告とかブログの更新を思い浮かぶかと思います。

それも大事なのですが、ものには順序がありまして、結論から言いますと、集客活動の前に『ゴール』を準備しとかなければなりません。

ゴールがない状態で集客をしてしまうとせっかくホームページを訪れた人が行き場を失い離脱してしまうからです。

集客するためにすべき4つのこと

それではホームページで集客するためにすべきことを順を追って紹介していきます。

1.ゴールをつくる

ホームページで集客する、ということはお問い合わせや資料請求などのゴールがあってはじめて実現できます。

ですので、なによりも先にしっかりとしたゴールを設定しておくことが一番最初にすることなんです。

ちなみに、GoogleAnalyticsでは、

注文やオンライン登録などの収益につながるもの
問い合わせや知人に紹介
ダウンロードなど問い合わせにつながるもの
情報比較やメディア再生などユーザーのロイヤリティになるもの

など、30ものゴールが設定されています。

ゴールはユーザーのアクションです。そしてユーザーにアクションをしてもらうにはCTAが必要です。

CTAとはCall to Actionの略で行動喚起ともいいます。自社ホームページを訪れたユーザーに購入や資料請求など、何かしらの行動を起こしてもらうための要素です。

例えば、今すぐ電話をかけるように促すもの、メールアドレスを入れてダウンロードしてもらうものなどがあります。

流入元はどうあれ、ホームページを回遊して複数ページを閲覧した後(閲覧させた後)は行動を起こしてもらわなければいけません。

そのCTAはどこに設置するかというとクロージングページです。

2.CTAを設置するクロージングページを用意する


クロージングページとは、LP(ランディングページ)や商品ページなどのことで、(1)で紹介したCTAを設置するページのことをいい、『比較検討段階に入っている人』のために作ります。

商品を紹介するクロージングページでは、QUEST法やPASONA法という消費行動を促す文章作成のフレームワークにて構成する事が基本となります。

3.クロージングページへ誘導する集客ページを用意する


クロージングページへ誘導するのは通常ブログで作成していきます。

商品サービスについてまだ知らない『認知段階の人』向けにはブログコンテンツが有効です。

商品サービスが解決できる悩みに関するブログを作ることで商品サービスの認知が高まります。

ブログはPREP法と言われるフレームワークで書くと簡潔で説得力のある文章が作成できます。

PREP法

P=Point(結論)
文章の序文で、重要なポイントについて記述します。

つまり、そのページで読者に伝えたい結論(メッセージ)をまず最初に書きます。
R=Reason(理由)
その結論に対する理由を説明していきます。

結論だけ述べられても、読者は、「その理由は?」と疑問を感じてしまうので、その疑問を解消するために、Reasonで理由を書いていきます。
E=Example(具体例)
理由に対する実例や事例、具体例を記述していきます。

具体性はリアルな事例や数値などのデータを示しながら書いていきます。

P=Point(再結論)
最後に、もう一度文章の結論やポイントを整理し、文章をまとめていきます。

4.SNSなどを使って集客ページに流入させる


ゴールとなるCTAを設置したクロージングページを準備し、クロージングページへ誘導する集客ページになるブログを準備したらSNSを使って流入経路を作りましょう。

ブログを更新したことをSNSでアップしてフォロワーをブログ記事へ誘導します。

SNSにフォロワーがいない場合は、顧客となるペルソナ(人物像)を想定して、フォローされるような内容を投稿してフォロワーを増やしましょう。

まとめ

というわけで、ホームページで集客するには、
1.明確なゴール(CTA)を準備する
2.CTAを設置するクロージングページ(LP)を準備する
3.クロージングページ(LP)へ誘導するブログ記事を準備する
4.ブログ記事へSNSなどを活用して誘導する
をセットで考えて準備していただければと思います。

PS.集客のなんでも無料相談(30分だけ)受付します
インターネットやSNSの集客、チラシなどの広告など、集客が思うようにいかないな、と感じられている方いらっしゃいましたらお問い合わせでも藤村のインスタグラムアカウントのDMから連絡ください。

1982年生 株式会社FRIME代表取締役 佐世保市内にて住宅・不動産関係の仕事に携わり、情報の質と量によるマーケティングに可能性を感じ独立。2015年より佐世保のWEBメディア「させぼ通信」を運営開始。アクセス0から毎月300,000pvの地域NO1アクセスのWEBメディアに。 マーケティング・セールス・リクルーティング領域の情報を更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です