採用の質が上がらない企業のホームページ5つのパターン

応募はボチボチあるけど納得のいく人材、求めている人材じゃない・・・

応募はボチボチあるけど納得のいく人材、求めている人材じゃない・・・

求人は出しているけど納得のいく人材や、希望する人材じゃない人からの応募しかない企業のホームページで陥っているパターンを5つご紹介します。

採用がうまくいかないホームページ

採用の質が上がらない原因は、ホームページにあるかもしれません。ホームページが以下の5パターンのうちどれかになっていると採用に効果があがらないだけではなく、マイナスになる可能性もあるのでぜひチェックしてみてください。

会社名で検索して上位に上がらない


何かのきっかけであなたの会社に求人が出ていることを知った人が、どんな会社だろうと調べた時にGoogleやYahoo!で検索するとします。

その時に、あなたの会社名で検索してもホームページが出てこなかったとしたらどう思われるでしょう?

「今の時代にホームページないって・・・」
「情報がないと不安だな」
「ちゃんと営業しているんだろうか?」
「表にだせない情報があるのかな」

と求職者が不安に思って応募を控えてしまうかもしれません。ホームページがあるなら、会社名で検索された時に上位に表示される努力をしましょう。また、ホームページがない企業で採用に力を入れたいと考えているのであればできるだけ早く準備されることをお勧めします。

ホームページに専用ページがない

ホームページは基本的には会社や商品サービスをお客様向けの情報を紹介する目的として活用している企業が多いと思います。求職者に見られるために、と採用を目的を持って作っている企業はごくわずかでしょう。

求職者向けに作られていないホームページでは、求職者はお客様向けの情報だけを見て、どんな会社だろう、とイメージしなければなりません。なかなかイメージが沸きにくいものです。

ホームページには、お客様向けの情報と求職者向けの採用専用ページを設けることをおすすめします。お客様向けと求職者向けの情報では表現の仕方がまったく違うためホームページないでもしっかりと棲み分けをしなければ伝えたい情報が伝わりません。

採用ページの要素が募集要項

採用ページを設けているよ、という企業の方も、今一度ホームページを開いて採用ページを見てみてください。採用ページには必要である募集要項はさすがにあると思いますが、募集要項だけの採用ページはあまり意味を持ちません

もちろん、募集要項には給与や休日、加入保険や福利厚生など、就職するに必要な情報はあるのですが、あくまで募集の条件であって、求職者が選ぶ一つの要素に過ぎません。

募集要項だけでは企業の魅力はまったくと言っていいほど伝わらないと思ってください。

募集要項がハロワのコピペ


さらに、募集要項の内容がハローワークの求人票の内容とそのまんまという企業の採用ページが多く見受けられます。これは、まったく意味のないことだと知ってください。

ハローワークの求人票は文字数の制限があるため表現にはコツが入ります。しかし、自社のホームページはレイアウトも文字数も写真の掲載も自由なはずです。

それなのにハローワークの求人票と同じ情報を載せていては、ハローワークをみた人は「さらなる情報はなかった」となって去っていくでしょうし、他の求人と比較している人からも「それ以上の魅力が見つからない」からとその他多くの企業と天秤にかけられてしまいます

まったくの無気力で採用に対して本気になっていないホームページ(採用ページ)にしてしまっている企業は人を惹きつけることができません。

ハロワより古い情報

これは絶対にやってはいけないことですが、更新がいつでもできるホームページの方がハローワークの求人票よりも古いなんてことにはならないように気をつけてください。

情報の更新を怠っている企業=ずんだれている、または、それも手に負えないほど忙しいのか、と認識されてしまいます。情報は常に最新のもの(せめてハロワと同じ)にしておくことが最低限の対応ですね。

さいごに

ドキっとした経営者様、採用担当の方、WEB担当の方、今一度、採用の質を高めるためにホームページの見直しを検討してみてはいかがでしょう。

採用専用ページには募集要項以外に多くの要素(求職者が知りたい情報)が必要になってきます。求職者が企業を選ぶ際に気になっているポイントを抑えて採用の質を高めていきましょう。


ハローワーク求人の応募を増やす方法

ハローワークの求人からまったく応募が来ない原因と応募を増やす方法

1500の地域ビジネスを発信してきたデジタルマーケッターです。 お客さんが増えない状況になってしまった、創業5年未満の集客に困っている地域ビジネスの経営者が、少しの努力でお客さんが集まる会社になってもらうため、毎日、集客事例のリアルな取材だけでなく、書籍やメルマガから最新の集客ネタをかき集めて、楽に集客できる方法を研究しています。 もし、身近に私で役に立てる人がいたら教えてあげてください。

コメントを残す