CMSとはどんな仕組み?利用したらこんなメリットがありますよ

CMSとはどんな仕組み?メリットデメリットについて説明します

ウェブサイトを手軽に運営する方法として代表的なCMS。この仕組みを利用してウェブページを作成する人は増えていますが、どのような仕組みや特徴があるのかを知らないという人は、まだまだたくさんいます。

そこで本記事では、CMSの仕組みや、サービスを利用する上でのメリットデメリットについて、詳しく説明します。

そもそもCMSとは?


CMSについて理解した上で、ウェブサイトを運用していくためには、CMSがどのような仕組みであるかということを知っておくのが大切です。また、CMSを使用するのに適したウェブサイトの種類について知っておくことも、効果的にサイトを運営していくために重要になります。

ここからは、CMSの仕組みや、CMSを使用するのに適したウェブサイトの種類について、詳しく説明します。

ページ(ブログ)を作成(更新)できる仕組み

CMSは、「Contents Management System」を略したもので、端的に言えば、ページ(ブログ)を作成(更新)できる仕組みのことです。

ウェブサイト作成や運営に関する専門的な知識が必要ないため、文章の構造を指定する言語であるhtmlや、ページデザインやレイアウトを指定するcssに詳しくないという人でも、オリジナリティあるウェブサイトを立ち上げることができるという魅力があります。

CMSで特に有名なものに、wordpress(ワードプレス)があります。wordpressは更新がしやすいCMSとして評判で、世界中で利用されているのが特徴です。個人だけでなく、企業のホームページ制作においても導入されているため、日本でも広く普及しています。

CMSが必要な場合(HP)、CMSでなくてもいい場合(LP)

ウェブサイトを立ち上げるにあたり、CMSが必要になる場面は、主にホームページを作成する時です。ホームページを運営する場合、適度な頻度でページを更新しなければならないため、容易な操作性やタイムリーな発信が必要になります。マルチデバイスで簡単に更新できるCMSを利用すれば、場所を選ばずに手軽にホームページを更新することが可能になるのです。

一方、ランディングページ(LP)では、1つの商品やサービスを少ないページでアピールすることが多くなっています。そのため、更新の頻度も高くなく、一度決まったページが完成したら、放置することがほとんどなのです。よって、あえてCMSを使用せず、htmlで静的なページを作成する方が、LPには向いていると言えるでしょう。また、htmlを使用すれば、自由度の高いサイト作りが可能なので、よりオリジナリティのあるページ作りが可能になります。

ウェブサイト作成でCMSを利用するメリット


ウェブサイト作成でCMSを利用するメリットには、以下の3つがあります。

・スピード感のあるサイト更新が可能
・場所を選ばずに更新できる
・デザインを簡単に変更できる

これらのメリットを知っておくことで、CMSの良さを最大限に活かしてウェブサイトを運営できるようになるでしょう。ここからは、ウェブサイト作成でCMSを利用するメリットについて、詳しく説明します。

スピード感のあるサイト更新が可能

1つ目は、スピード感のあるサイト更新が可能であることです。今までは、ホームページの更新にある程度の時間がかかっていたため、コストをかけて外注するケースが多くなっていました。

しかし、CMSを利用することで、わざわざ外注せず簡単にホームページを更新できるようになったため、タイムリーな情報発信が可能になったのです。

場所を選ばずに更新できる

2つ目は、場所を選ばずに更新できることです。従来はパソコンでhtmlやcssでコーディングしながら、時間をかけてホームページを更新していました。

しかし、CMSを利用することで、インターネット環境さえあればデバイスや場所を選ばずにホームページを更新できるようになったのです。そのため、投稿内容を思いついたらすぐに記事を作成でき、ユーザーの満足度を高めることにもつながります。

デザインを簡単に変更できる

3つ目は、デザインを簡単に変更できることです。メニューの配置や背景の配色など、ページのレイアウトを変更するためには、cssの知識や技術が必須でした。

CMSの種類によっては、キーボードを打つことなく、マウス操作だけで簡単にデザインを変更できるものもあります。イメージするページレイアウトが反映しやすく、理想のホームページが作れるようになります。

CMSを利用するデメリットとは?


CMSを利用することには、メリットもあればデメリットもあります。デメリットを知った上でCMSを利用することで、より魅力的なウェブページを構築できるようになるでしょう。ここでは、CMSを利用するデメリットについて、詳しく説明します。

CMSの操作に慣れる必要がある

代表的なデメリットは、操作に慣れる必要があるということです。利用するサービスによってさまざまな機能が用意されているため、使用方法が変わってきます。

サービスによっては使い方を習得するまで時間がかかってしまい、なかなか思ったようなウェブページの運用ができないケースもあります。CMSごとの特徴や違いをあらかじめ把握してから、利用開始するのがおすすめです。

まとめ


本記事では、CMSの仕組みや、CMSを利用するメリットデメリットについて、詳しく説明しました。作成したサイトへのアクセス数を増やすためには、適度にページを更新する必要があります。

より効率的にページを更新できるようになれば、他の業務に専念できるようになるため、生産性の高い運営が可能になることが期待できます。ここで説明した内容を参考にして、CMSを利用してホームページを制作するメリットを理解し、効率的にホームページを運営していきましょう。

ご覧いただきましてありがとうございます。 こちらは株式会社FRIMEのお知らせや各種情報を更新するアカウントです。 このWEBサイトで更新する情報が貴社のお役に立ちますように。 ご不明な点、リンク切れ・表示ミス・誤字脱字等ございましたらお問合せよりお知らせください。

コメントを残す